チャート分析法 一目均衡表について

チャート分析法 一目均衡表について チャート分析

みなさんこんにちは。shutonです。

チャート分析法【一目均衡表】編です。

トレード界隈のツイートなどを見ていると

【雲】

という単語をよく見かけると思います。

「あ~雲の中入ったわ」

「雲抜けきた」

なんや、雲って思われる方が多いと思います。

 

一目均衡表を使うと

どうしても出てくるのが

雲です。

そんな一目均衡表について

本記事では解説します。

 

一目均衡表とは

一目均衡表は昭和初期に

一目山人こと細田悟一氏

によって編み出された

日本発のテクニカル分析法です。

株や為替の今後の値動きを

予想する方法として

世界各国で愛用されています。

 

「均衡」が崩れれば相場が動くのは

「一目瞭然」であることから

「一目均衡表」と名付けられました。

 

相場の主体は時間であり、価格は後から結果として付いてくるもの

という一目山人の考え方に基づき

時間論を特に重要な主軸として考えられています。

 

さてそんな一目均衡表ですが

基準線

転換線

遅行スパン

先行スパン1

先行スパン2

という5本の線によって構成されています。

簡単に説明したのが下記の表です。

基準線 (過去26日間の高値+安値)÷2

過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値。価格と少し離れている線。上向きのときは上昇相場、下向きだと下落相場だといえます。

転換線 (過去9日間の高値+安値)÷2

過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値。価格のすぐ近くにある線。基準線の上にあれば買いどき、下にあれば売りどきです。

遅行スパン 現在の価格を26日前(過去)の位置に表示。

株価とクロスしたポイントが売買ポイント。

先行スパン1 (転換線+基準線)÷2

当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたものです。

先行スパン2 (過去52日間の高値+安値)÷2

過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたものです。

この五つの線で構成されています。

そしてこの

先行スパン1と先行スパン2の空間が

です。

実際に見てみましょう。日経 一目均衡表

手前にある3線が青転換線、赤基準線、黄緑遅行スパン

となっています。

奥にあるのが

青先行スパン1、赤先行スパン2

です。

次に一目均衡表の使い方を紹介します。

 

一目均衡表使用法

それでは実際に

一目均衡表の使い方について

解説していきます。

 

一般的に

ローソク足が基準線より

上→強気相場

下→弱気相場

とされています。

 

売買ポイント

転換線が基準線とクロスしたとき

転換線が基準線とクロスするタイミングが

一目均衡表における

ゴールデンクロス

デッドクロス

とされています。

 

転換線が基準線を上抜けしたときを

ゴールデンクロス一目均衡表 ゴールデンクロス

 

転換線が基準線を下抜けしたときを

デッドクロス

一目均衡表 デッドクロス

としています。

転換線と基準線のクロスは

相場の転換期とも呼ばれており

注意が必要です。

 

②ローソク足と遅行線がクロスしたとき

ローソク足が遅行スパンとクロスしたときも

トレンドの転換点となります。

 

株価の下から上に突き抜けることを

好転と言い

買いサインとして捉えます。

 

遅行スパンが株価の上から下に突き抜けることを

逆転と言い、

売りサインとして捉えます。

 

③ローソク足と転換線がクロスしたとき

ローソク足が転換線を下から上抜いたときは

「買い」

逆に上から下抜いたときは

「売り」

ポイントとなります。

一目均衡表

左の丸が売りサイン

右の丸が買いサイン

 

雲の使い方

雲というものを先ほど簡単に説明しました。

ここではより詳しく雲の

使い方を解説します。

 

一般的に雲の厚さ

反発力

が決まります。

 

例:株価が下落していても直下に厚い雲が広がっている場合

反発で跳ね返される可能性が高いということ。

リバウンドを拾った「買い」を入れる目安になる。

 

またローソク足との関係を見ることで

トレンドを見ることができます。

 

ローソク足が雲より上で

上昇トレンド

 

ローソク足が雲より下で

下降トレンド

 

ローソク足と雲が重なると

レンジ相場

 

雲は相場観を見るのに最適な

指標の一つとなっています。

次に雲を利用した売買ポイントを

解説していきます。

 

雲の売買ポイント

①ローソク足が雲より上か下か

先ほども解説した通り

雲より上であれば

買い

雲より下であれば

売り

となっています。

 

②雲とローソク足が接するとき

雲自体が上値抵抗線、下値支持線

としてサポートすることがあります。

 

大きく二つの取引手法があります。

順張り

上値抵抗線での

「売り」

下値支持線での

「買い」

反発を期待した取引手法です。

 

逆張り

上値抵抗線での

「買い」

下値支持線での

「売り」

 

雲抜けのブレイクアウト

期待した手法です。

※逆張りはリスクが高いです。

しかしブレイクアウト後の

動きは一方的になることも多く

リターンは大きいことが多いです。

一目均衡表 雲 解説

左の丸が雲が上値抵抗線

右の丸はブレイクアウト

ブレイクアウト後は

価格がブレイクしています。

 

③先行スパンがクロスするとき

雲を形作る先行スパンが

クロスするとき

相場の転換期になることが多く

ここを狙って売買する方法もあります。

トレンドが変化することが多いです。

 

三役好転と三役逆転

一目均衡表には特別な

売買ポイントが存在します。

 

三役好転

三役逆転

です。

 

三役好転とは

・転換線が基準線を下から上に抜ける

・遅行線がローソク足(株価)を上に抜ける

・ローソク足(株価)が雲を上に抜ける

の三条件が揃った

最も強い買いシグナルです。

 

三役逆転とは

・転換線が基準線を上から下に抜ける

・遅行線がローソク足(株価)を下に抜ける

・ローソク足(株価)が雲を下に抜ける

の三条件が揃った

最も強い売りシグナルです。

 

三つの条件が揃うことは

珍しいです。

二つ以上で相場の転換点と

考えるべきです。

 

まとめ

  • 一目で相場を分かるようになっている

 

  • 雲は売買ポイントやトレンドにつながる

 

  • 三役好転と三役逆転

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

トレンド系と呼ばれるテクニカル指標の

基本紹介は終わりです。

紹介していた

ボリンジャーバンド

移動平均線など

複数のトレンド系テクニカル指標を

組み合わせることでより

適切な相場観を

見極めることが可能になります。

 

次からは

オシレーター系と

呼ばれる

テクニカル指標を

紹介していきます。

 

ぜひ楽しみにしてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました