チャート分析法 RSI編

チャート分析法 RSI編 チャート分析

こんにちは。shutonです。

トレンド系の

テクニカル指標の解説を終え

今回からオシレーター系の

テクニカル指標について

解説します。

第1弾はRSIについてです。

 

RSIとは

RSI(相対力指数)はオシレーター系の

テクニカル指標の代表格です。

パラボリック・DMI・ピボットなど

数多くのテクニカル指標を発明した

J.W.ワイルダーが考案し

現在の相場の相対的な強弱を表す指標です。

 

RSIを言葉で説明すると

ある期間の

株の買われ過ぎや売られ過ぎの状態を

見極め、シグナルを発し

売買のタイミングを

指標として示してくれるものです。

RSI

RSIだけを表示すると

このような感じになります。

 

RSIの求め方

上げ幅の合計÷(上げ幅の合計+下げ幅の合計)×100

と書かれても分かりにくいので表で解説します

株価 前日比
1日目 110 +10
2日目 120 +10
3日目 110 -10
4日目 110 0
5日目 130 +20

上がり幅の合計が40です

上げ幅と下げ幅の和は50です

計算式に当てはめると

40÷50×100=80

RSI=80%

という答えが出るわけです。

 

RSIの使い方

RSIの値は必ず0~100の間で推移します。

そのため大前提として

買いシグナルと売りシグナル

値が決まっています。

 

50%を中心にして

通常は株価が80%以上で

買われ過ぎ

20%以下で

売られ過ぎを示します。

 

トレーダーに使われている値は

・買いシグナル20%売りシグナル80%

・買いシグナル30%売りシグナル70%

です。

 

様々な考え方がありますが

多くはRSIが

70以上か30以下

での考えがほとんどです。

 

RSIの使用期間

日足ベースだと

9日 14日 22日 30日

週足ベースだと

9週 13週 26週

とされています。

 

逆張りシグナル

RSIは数値が大きいほど

相場が強いと判断します。

反対に数値が0%に近いほど

相場は弱いと判断します。

そのため逆張りの目安として

使われる手法が一般的です。

 

取引のポイントは

自分の決めた過熱感のある相場に

逆張りとして指値を仕込んでおくことです。

 

RSIが70%に到達しそう

70%にタッチしたら売り注文

RSIが20%でそろそろ反発がきそう

買い注文をいれる

 

転換点の見極め

MACDを紹介したときも

ダイバージェンス(逆行現象)

という考え方を

紹介したと思います。

 

もう一度RSIに合わせて紹介すると

 

実際の値動きが直近の高値を更新(または安値を更新)しているのに

RSIが高値(安値)を更新していない。

値動きとRSIの動きが逆行することで

直前までの値動きのトレンドが続かずに

相場の調整や反転を示唆する

有力なサインとして有効的です。

 

補足で加えると

上昇トレンドでダイバージェンスが起きると

株価の下落が予想されるため

弱気のダイバージェンス」と言い

反対に下降トレンドで起きるダイバージェンスを

強気のダイバージェンス」と言います。

 

レンジ相場での利用

RSIが生きるのは

レンジ相場(ボックス相場)です。

横ばい相場時に

RSIは効力を発揮します。

 

相場の先行きが分からないときや

株価に影響するニュースがないときに

ボックス相場になりやすいです。

 

最後に逆張りとレンジ相場の

両方が重なった例を

紹介します。

RSI 暴騰

レンジ相場の中

RSIが徐々に下がり始め

30%を切ります。

下ひげ陰線を出した後

一気に暴騰。

 

RSIはうまく使えると

このように相場の

頭からしっぽまでおいしい

を実現することができます。

 

RSI注意点

どのテクニカル指標にも

注意するところやデメリットがあります。

 

トレンドでの利用

トレンド時のRSIの利用は

御法度です!

 

なぜならトレンドに乗っている場合

RSIが動かないからです。

ずっと70%を動いていたり

ずっと20%で動いていたりします。

 

急騰や暴落の時

自明かと思われますが

急騰や暴騰のときも

正しく機能しない場合があります。

急騰、暴落を狙った

逆張りの手法もあると思いますが

あまりお勧めしません。

RSI暴騰

暴騰からの暴落を狙った

逆張りも存在します。

この場合RSIが90%を超える

過熱度具合でした。

売りが入るのも

うなずけます。

 

まとめ

・RSIは直近の株価の増減値で決まる

・70%と30%がポイント

・逆張りかつレンジ相場で有効

・トレンド時は機能しない

 

いつもあとがきに書いていますが

ひとつのテクニカル指標をうのみにして

トレードすることはお勧めしません。

複数のテクニカル指標を

同時に使用してください。

トレンド系とオシレーター系の

同時使用がとても効率的です。

 

読者の皆様が利益を上げれるように

祈っています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントお待ちしています。

SNSでの拡散お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました